Adult Classes

大人のクラス

 

色んなものにも流行があるように、英語教育のブーム としては、Phonicsがあげられるかと思います。 特に子供の教材では、初期の段階で文字と音声とのつな がりを教えるということで、注目をあびています。 小さいお子さんの場合は、耳から英語を聞いて音を覚え ることが大切で、幸いにも殆どの子供達はわずかな音の 違いも聞き分ける能力に長けています。大人は今までに 知っている音に近づけようとしますが、その概念が子供 達にはないようです。 言語習得は、どれだけその言葉の環境の中に身を置くか が鍵となると考えています。バケツに水が少しずつ溜まり、 ようやく溢れてくるように、英語という器に注ぎ続けない 限り、自分の口から英語が自然と出るようにはならないの です。ですから、留学して英語の環境の中に身を置くこと は、やはりそれだけ早く器が一杯になり話せるように なるのも当然な事なのです。また、学生時代はある程度 話せたのに・・と思われる方も多いと思います。これは、 英語の器の中が蒸発してきているのです。 いつも注ぎつづけないとある一定のレベルを保つことは 困難なのです。今はテレビや映画色んな所で英語を耳に します。英語をモノにするチャンスはいくらでもあると 言える環境です。どんどん聞いて自分の器に英語を注ぎ 入れましょう!

日本で社会人になるとほとんどの人が、やっと英語学習から開放されたと喜びます。最低でも6年間の悪夢のような文法の後、なぜまた英語学習を自らすすんでしようとするのでしょう?みなさんそれぞれに理由があります。例えば、英語圏の国に旅行したい、日本で外国人と会う機会がある又は会う機会を作りたい、国際的なビジネスの場で成功したい、仕事のため英語の試験を受けなければならない等、理由は様々です。どんな理由にせよ現代の生活で英語は重要な役割を担っていることは事実です。私共は、本当の初心者から上級者まで、どんなレベルの方にも対応できるクラス編成をしています。それぞれのクラスによってレッスンの形式は異なりますが、基本的にテキストの学習を最小限におさえ、自由で実用的な対話を進めていくことに焦点を当てています。私共は小人数クラス制(7名以下)ですから、皆さんに話す機会が多くあり、レッスンに熱中できます。私たちは堅苦しい教室の形式にとらわれず、フレンドリーで楽しい環境を作るよう努力しています。
 

英語を習得する理由はたくさんあるにもかかわらず、たくさんの人は妄想を信じ、学ぶことに対して恐れています。

Myth 1: 学校時代6年間も文法を習ってきたのに、その言葉が理解できないし、今更英語を話せるようになるのは絶対無理。

Reality: 英語を話すことは文法ではなく、コミュニケーションなのです。上級レベルの生徒は文法にも注意するべきですが、そうでない限り、そんなに重要なことではありません。いくつかの基本的な文法上のポイントは多少学ぶことが必要ですが、ほとんどの文法は、英会話では完璧にできる必要はありません。英語圏のほとんどの人は、いつも完璧な文法を使っているわけではありませんから、文法はあまり気にしないで下さい。確かに文法がわかるようになればなるほど、会話の流れもスムースになってきます。
 

Myth 2: 私がいくら練習しても、私の英語はネイティブスピーカーのようにならない。いつまでたっても私は英語を話す世界のメンバーにはなれない。

Reality: 本物の英語を話す人は英国で生まれ、育った人たちなのです。その他の国での英語のネイティブスピーカーたちは、その土地によってバラエティーに富んでいます。アメリカの中でさえも、カリフォルニアの人たちはニューヨークの人たちとは違う、彼らもまた南部の人たちと違う、その彼らもまたテキサスの人たちとも違う、そのまた彼らも中西部の人たちとも違う・・・そしてオーストラリアやシンガポール、スウェーデンの人たちとも違っています。結局はみんな違うのです。あなたの英語は他の人と違うように聞こえるかもしれませんが、コミュニケーションがとれれば、全く問題なしです。
 

Myth 3: 私は外国人がほとんどいない小さな町に住んでいるので、英語の必要性がない。

Reality: 全世界がとても速い勢いで国際化してきています。日本の政府も外国人をどんどん招待しています。ということは、日本にどんどん英語を話す人が来るということです。蟹は一生を砂の中に埋められて過ごすので泳ぎ方を習得する必要はありませんが、もしあなたが世界を見てまわりたいのなら、英語は大切な道具となります。世界中のたくさんの人が、自国語と同様に英語を話すことが出来ます。出身国の違う人が二人いても英語を通してコミュニケーションを図ることができるのです。英語は世界の国々の距離を縮める言葉となってきています。