Homework(宿題)について

 

英語の習得は、週一回60分のレッスンではなかなか成果を出すのが難しいのが実情です。そこで、ご家庭でもわずかな時間を復習や読みなどの練習をするよう指導いただくと定着度が変わってきます。

アメリカンホームの小学生クラスでは、それぞれのレッスンに合わせて宿題を出します。ほとんどが10分前後でできるものです。ノートにアルファベットや単語の練習をすることもあれば、ワークブック、単語カードや短い文の音読、QA(質問と答え)の練習、CDを聞いてくる、スピーチの練習など、次のレッスンまでに少し家で落ち着いて復習してもらう内容です。その復習の繰り返しが、数年に渡ると大きな変化をもたらします。高学年はほとんど自分たちで出来る内容の宿題、低学年はご家族の協力が必要な宿題となってます。

時には忙しくて時間がとれないこともあると思います。もし宿題を忘れてしまった場合でも、レッスンに来ることが一番大切です。ただ、毎回連続して宿題を忘れてくる場合は、アメリカンホームから連絡させて頂くことがあります。

通常のレッスンでもまず前回の振り返りをし、理解度をみてから、難しい内容なら更に違う方法で復習したり、理解しているようなら、少し進んだり、新しい内容を紹介したりして、その時間の本題やアクティビティに入り、終わる前には宿題の確認という流れになります。遅刻をすると、復習を飛ばしていきなり本題に入ることとなり、生徒にとっては少し戸惑うこともありますので、できるだけ遅刻をしないように気をつけてください。どうしても遅刻する場合でも、後半の30分でも来れそうなら、是非出席してください。

ノートやテキストに付箋が貼ってあったり、ワークブックのページ数に○がついていたら、それは宿題が出ていることになります。時々お子さんのバッグの中をチェックしていただけると助かります。

英語は一度教えて、その時覚えたから終わりではなく、聞いて、見て、理解して、読んで、話せて、使えるまで何度も繰り返していくのが言語の習得には欠かせません。親御さんによっては、数ヶ月前にやったことをまたさせるの?と思われるかもしれませんが、どうか繰り返し学習にお付き合い下さい。また、お子さんができなかったことができるようになった場合や少しでも進歩が見られた場合は、褒めてもらえるとお子さんの自信につながり、更に頑張ろうという意欲が湧いてくると思います。ぜひ良いところをどんどん褒めてあげて下さい。

 

英語の習得を、目で見てわかる運動に例えるとわかりやすいかもしれません。ある人は運動が得意で、先生のお手本を見てすぐにでき、またある人は何度も何度も練習をしてやっとできる人もいます。そして出来た時に褒められたら自信がついて得意になってもっとする、何度もするとコツがつかめる・・という具合に、英語も一度見て聞いたら覚える人もいますし、その反対に何度も繰り返し練習して覚える人もいます。誰もが得意、不得意な分野があって当然です。宿題も時間のかかるお子さんもいれば、短時間で終えてしまうお子さんもいると思います。何事も諦めず継続して行うことは、基礎を固め、自信が持てるようになります。どうかお付き合い下さい。また、ご質問などあれば、いつでも気軽にご連絡下さい。